2010年04月21日

インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザウイルスの検出・報告が減り、B型など季節性の割合が増えていることが4月16日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。2月ごろまでは検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型だったが、3月以降では新型の割合が8割にまで減少。一方、A香港型やB型の検出は継続的に報告されており、特にB型の割合は1割を超えている。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】

 同センターによると、昨年7月上旬以降は検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になり、2月中旬までに検出されたウイルスの99.33%が新型だった。
 しかし、3月1日-4月4日の5週間に検出・報告されたインフルエンザウイルスでは、新型の割合が79.3%にまで減少。継続的に報告されているB型(15.8%)、A香港型(3.3%)の割合が増えている。

■インフル定点0.12、注意報地域ゼロに
 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数は、4月5-11日の週は0.12だった。前週より0.05ポイント減り、11週連続の減少となった。
 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、32道府県で前週よりも減少。流行の指標となる「1.0」を超えたのは佐賀(1.18)だけだった=表=。

 警報レベルを超えた保健所地域は8週連続でゼロ。注意報レベルのみを超えた保健所地域も2週ぶりにゼロだった。


【関連記事】
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論
新型インフル総括会議が初会合
インフル患者、10週連続で減少

社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都(医療介護CBニュース)
厚労省内事業仕分け、全健協など対象に―月内予定を発表(医療介護CBニュース)
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める−78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
春の嵐 東北を直撃 1人死亡、3人重軽傷(河北新報)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
posted by pjrme6ugr4 at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。