2010年03月17日

<佐賀人違い射殺>無期懲役確定へ 最高裁決定(毎日新聞)

 佐賀県武雄市で07年、対立する暴力団関係者と間違えて入院中の一般市民を射殺したとして、殺人罪などに問われた指定暴力団道仁会系元組員、今田文雄被告(63)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は8日付で被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役24年の1審判決を破棄し、無期懲役とした2審・福岡高裁判決(09年2月)が確定する。【銭場裕司】

【関連ニュース】
酒気帯び運転:三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁
慰安婦訴訟:中国人女性の上告棄却 最高裁
ホステス税額:非出勤日も控除対象 最高裁初判断
京都教員分限免職:処分取り消し確定…最高裁
啓朋学園寄付金流用:元理事長の上告棄却 最高裁

「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)
府民の会、教育長に国旗の常時掲揚を要望(産経新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構−国交相(時事通信)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)
東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
posted by pjrme6ugr4 at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。